釣りラボ

「釣り」を日常へとつなげるウェブマガジン

釣行記

バグアンツチヌ職人で久しぶりにチヌを釣りました

先日チヌをバラしてめっちゃ悔しかったので、次の日もチヌを狙ってみると…

DSC07152

釣れましたチヌ。
久しぶりに釣りを再開してまして、狙っていた魚種のひとつチヌがようやく釣れてめっちゃうれしい。

サイズはうちに帰って測ってみると41cmでした。
サイズは正直どうでも良いんですが、久しぶりに再開したこともあって、先日釣ったカサゴは30cmと思ってたら26cmだったりと、目測がかなり怪しいなと感じておるので、念のため測ってみたという訳です。

エギのロッドで釣ったんですが、めっちゃ引きました。
チヌは引くことはよく分かっていましたが、頭をぐんぐん振るんですよね。あまりにも振るからシーバスかな?と思うほどでした。チヌって頭振るんですねー。

多分チヌなど簡単に釣ってしまう人は釣ってしまうんでしょうが、如何せんボクはそんなに釣りが上手くない(汗)
ポイントを見極めるので精一杯で、多分この潮加減ならここに居るだろうと予測した結果居たというわけです。要はラッキーで釣れた魚だと思ってます。

DSC07150

釣れたルアーはもちろんチヌ職人。
カサゴでもなんでも基本こいつを投げていつも魚の有無を確認しています。

これに…

フックは多分これで…

シンカーはこんな感じのナス型オモリ。

こんな感じの安上がり直リグセッティングで、ボトムをゴロゴロとやっているとスコーンと持っていかれますので、皆さんも是非チヌ釣り(チニング)を楽しんでみてはいかがでしょうか。

DSC07153

産卵シーズンのためか、お腹が大きな魚が良く釣れています。
なるべく卵を持っている魚はリリースするようにしていますが、今回のチヌに関しては一度食べてみたかったんです。

というのも、ボクが住んでいる地方ではチヌを食べる文化があまりなく、チヌは不味い!という声しか聞かないために、実際にいつか食べてみたいなーと思っていまして、そんなチャンスがようやく訪れたという訳です。

またここに食レポでも出来たらと思っておりますので、地方によってチヌは本当に不味いのかをお楽しみに。因みに愛知県知多半島で釣れたチヌはめっちゃうまかった。

コメントする

*
*
* (公開されません)