釣りラボ

「釣り」を日常へとつなげるウェブマガジン

食べる

河口で釣るチヌのお味は…

先日チヌを釣りまして食べてみましたが…

DSC07150

これが美味しくなかった(苦笑)
チヌは美味しいものだとばかり思っていましたが、河口の方に多分居着いていると思われるやつを釣ったのですが、こいつは美味しくなかった。本当に。

ボクの住んでいる徳島県南部では、チヌは臭いものと多くの人が認識をしており、ほとんど食べている人をみかけないのですが、その意味がようやく分かりました(苦笑)

愛知県や高知県など、場所を選ばず今まで食べたチヌは本当に美味しかったですし、チヌは「美味しい魚」としか認識していませんでしたので、ちょっとショックでしたね…

何を食べているのか気になっていたので、捌いた時に見ていましたが、主に海藻を食べているみたいでした。なので身は非常に磯の香りがきつく、それが臭みの原因となっているようでしたね…

刺し身、味噌汁、塩焼きと、とにかくチヌの身の味を確かめるべく料理を作ってみましたが、口の中に入れた数秒後にとても嫌な磯の香りが広がり、それがとにかくずーーーっと残るので、後味は本当に悪かったです。

最近はYouTubeに凝っていますので動画を作っているので、こちらを観て頂けたらと思います。

そんな訳で皆さんの地域のチヌのお味はいかがでしょうか?
地域というよりも河口に住んでいるか?沖の深場に住んでいるか?と言った、住んでいる場所によって、もしくは食べているエサによってチヌのお味が違うのかもしれませんね。

このままでは悔しいのでもうちょっと釣って食べ比べしてみようと思っています(笑)

ボクのチヌ釣りの基本タックル

いつも使っているタックルは竿は、エギングの竿を最近は使っています。
本当は超ライトなタックルが好きなので、アジングタックルなんかで挑みたいんですが、直リグで釣っているので、竿があまりにも弱いと根掛かりばかりして釣りになりませんので、そんな意味でエギングの竿を使っています。

ボクが使っている竿とは違いますが、これクラスのエントリーモデルをボクは基本的に使うことが多いです。
以前は中級クラスの竿を使ったりもしていましたが(値段が高いと実際とても使いやすく良い)、買い集めていくのが大変なので、今はエントリーモデルをいくつも使っている感じです。

リールは2500番代のもの。
こちらもボクが使っているものと違いますが、2500番代のシャロースプールのものが扱いやすいですね。

ラインはいつもPEの0.8号ぐらい。このへんはこだわりはなく適当です。
細くなりすぎるとライントラブルが多発するので、程よく飛距離が伸び、トラブルが少ないのが、ボクは0.8号という印象があります。

リーダーは12ポンド。これぐらいあれば根ズレにも耐えてくれるのでいい感じに使えます。

基本的にジカリグで釣っている事が多いのですが、そんな時はエコギアのチヌ職人を使っています。
以前はカサゴ職人などをつかっていましたが、3インチよりも2インチの方が扱いやすく気に入っています。

針はカルティバのオフセット4号ぐらい。縦アイが良いですね。

シンカーはナス型オモリ。たまに根掛かるので、安いシンカーを使ってお財布の助けとなってくれています(笑)

コメントする

*
*
* (公開されません)