釣りラボ

「釣り」を日常へとつなげるウェブマガジン

釣る

[釣れる魚③] 日本には生息していない魚テイラー

[釣れる魚③] 日本には生息していない魚テイラー

釣れる魚をまとめています。といっても今回は変化球。日本にはいない魚で、テイラーという魚。一応和名があって、アミキリと言います。今回はこのアミキリについて。

ルアーにガッツリ反応してくる魚「テイラー」

なぜこの魚について書くとかというと、なぜならそれはボクが単純に好きだから。

テイラー

どうですかこの立派な尾びれにマルっとした身体。サイズの割にめちゃくちゃ引いてくれるのでスゴく楽しいですね。多分30cmでも40c,50cmのシーバスぐらい引くのではないかと、体感では感じます。またジャンプもするし、頭もグングン振って下へ潜ります。あまりにも引くので、結構バラしも多いです。手におえないぐらい引くんですよ。

ボクは一時期オーストラリアに住んでいた時にガッツリと釣って、ガッツリと食べてました。アメリカの方にも生息しているようですね。アメリカでは「ブルーフィッシュ」というらしいです。

味は悪くはないが、特別美味しくもない

これはオーストラリア全般に言えることですが、やはり水温の低い日本と比べると味はかなり落ちます。というか全体的に魚の味が似ている気がします。しかしテイラーは少し特殊で、味が違いますし、身も少し違います。刺し身でも食べられますが、特別美味しくはないです。味はいいのですが、身の食感がトロッとしててあまり良いとは言えないですね。なのでボクはよくフライにして食べてました。

フィッシュバーガー
これはムニエルっぽい。

身はこんな感じ
身はこんな感じ。赤く見えますが、実際はもっとグレーっぽいです。日本の魚に例えるとサワラっぽい感じでしょうか。

終わりに

ということで、オーストラリアに行った際には、バラマンディとかクイーンフィッシュを狙うのももちろんいいですが、このテイラーを狙ってみても非常に面白いですよ。群れている魚なので一匹釣れたら大量に釣れるのも大きな特徴です。また浅いところにも寄ってきますので、ショアから狙えるんです。

コメントする

*
*
* (公開されません)