釣りラボ

「釣り」を日常へとつなげるウェブマガジン

作る

釣りエサとして万能なキビナゴはアンチョビにしても最高に美味い食材

釣り餌として万能なキビナゴですが、ボクはキビナゴをスーパーなんかで見つけると、コレを作ってしまいます。
DSC05100
上のはまだ出来上がった写真ではないのですが、アンチョビです。パスタやちょっとしたおつまみに最高なんですよね。
釣りとは関係ありませんが汗、これ実はめちゃめちゃ簡単に自分で作れるのでオススメなんです。

キビナゴを塩につけておくだけ

作り方は非常に簡単です。キビナゴを塩につけます。
DSC05094
塩、キビナゴ、塩、キビナゴと、ミルフィーユっぽく敷いていきます。

DSC05097
塩はなんでも良いと思います。ボクは味噌を作った時にあまった安い塩を使いました。安いのでドバっと使えます。
コレを冷蔵庫に2週間とか一ヶ月とか、適当な期間保存しておきます。
そうしたら発酵が進むので、なんとなくいい感じになったなーと思ったところで、取り出し、塩と洗いながし、乾燥させ、ビンにたっぷりのオリーブオイルとハーブとキビナゴを入れて、しばらく漬け込んだら完成です。

…と、今冷蔵庫に入れたばかりなので、また経過をお伝えしたいと思います。

アンチョビ作りはなにより時間が必要

この記事を読まれてアンチョビを作りたいなーと思われた時に必要なのは、タッパーと塩とキビナゴと、なにより発酵させる時間です。アンチョビは発酵食ですからね。
「生姜焼きが食べたい!」と思ったら食べられるかもしれませんが、アンチョビはいきなり作れるわけではありませんので、気長に発酵する時間も楽しみましょう。
それこそ日々、釣りでもしながら。

発酵が終わったらオリーブをドバっと使いますので、瓶ごと用意しておきましょうね。

コメントする

*
*
* (公開されません)