釣りラボ

「釣り」を日常へとつなげるウェブマガジン

ニュース

海外の面白い「ゴカイ」の取り方

釣りエサってたまに買うぶんには億劫にならないのですけど、釣りに頻繁に行く場合は結構な出費になるため、出来れば抑えたい部分でもあるんですよね。ボクはエサを買っていたらとてもじゃないけど、「それだったら魚を買ったほうが安いんじゃない?」となってしまうので、全く買いません。基本的にルアーで釣るか、もしくはどこか適当に現地調達するかですね。現地調達は現地によって全くかわってくるのでなんとも言えませんが、今回紹介したいのは、海外ではこんな方法で釣りエサを取っているということ。

Enigamid 2014 07 03 午前10 25 26

海外でのビーチワームの取り方

ビーチワームと言われる、日本でいうところのゴカイですね。

超気持ち悪いけどこいつは万能エサ!アオイソメやイシゴカイ | 釣りラボ

海外ではこんな取り方でゴカイを取っているんですね。ボクが住んでいたオーストラリアでも早朝にビーチに行くと、こうしてゴカイを取っているオジサンがちょくちょく見受けられました。

日本でこの方法で採れるんでしょうかね。謎ですが、ある季節の夜に海面をライトで照らすと浮いてはいますよね。バチと呼ばれていて、すごい数がいたりして、気持ちが悪いんですけどね。

このビーチワームの捕り方を見てると、釣りエサではないですが、マテ貝を思い出します。

コメントする

*
*
* (公開されません)