釣りラボ

「釣り」を日常へとつなげるウェブマガジン

作る

根魚釣るなら自作のジカリグがオススメ!

先日自作のジカリグを作りました。

「ジカリグ」は自作したらいい。というか自作するものでしょう! | 釣りラボ

「ジカリグ」という名前はどこから来たのかは知りませんが、今釣り界隈では多くの人がジカリグと呼んでいるので、ボクもそう呼んでいます。このジカリグですが、非常によく釣れるので紹介します。

根魚に効く!

最近このジカリグを使って魚を釣りまくっています。このリグを使っていないと釣れなくて、このリグに変更すると釣れるという衝撃的なリグです。

IMG 5293
これでもかなりリリースしましたが、こんなにもカサゴが釣れます。カサゴ以外にもクロソイ、アイナメも釣れるでしょうね。ボクはチヌも釣りましたし。

IMG 5167

これが自作ジカリグ。市販のものはオモリが縦長ですが、僕のは短い。材料はオフセットフックにオモリ、スプリットリングに、スナップだけです。非常に簡単で誰にでも自作することが出来ます。制作費を計算するなら50円ほどでしょうか。

IMG 5294

このオフセットフックに自分でお気に入りのワームをセットしてください。エビをイミテーション出来そうなワームをボクは使用していますが、カニ系でも小魚系でも何でも使ってみるといいと思います。

なぜこんなにも釣れるのか?

圧倒的にジグヘッドよりも、テキサスリグよりもこっちのほうが釣れます。なぜこんなにも釣れるのか?それは使ってみて、そして釣れて思ったのですが、それは「非常に使いやすいから」ということが言えます。

IMG 5302
テキサスリグやジグヘッドたち。

このジカリグ、オモリが「コツコツ」と地面を叩いて岩なのか砂なのか感知してくれるので、テキサスリグよりもずっと底が取りやすく、そして扱いやすいのです。根がかりもテキサスリグと比べると非常に少ないですし、回避もし易いです。根がかりがする場合にはオモリの重さを変えてやる必要がありますね。

またオフセットフックを使っていることによって根がかりが減るというのも非常に大きな利点です。オフセットだとフッキングしないと魚の口に掛けられないという心配もあるかもしれませんが、アタリの数を考えるとさほど心配はいらないかと思いますね。それよりもオフセットを使わずに、根がかりすることを心配したほうがいいでしょう。

ボクはこの「使いやすさ」がジカリグの釣れる理由だと感じていますね。正直ルアーの動きとかはあまり関係ないように感じてます。根魚の場合はとにかく、どうやったら岩の近くを根がかりせずに釣るかということにつきますからね。そこに根魚がいれば割と簡単に喰ってきます。

自作すると安く作れる

これも大きな利点で、安く作れるのはやっぱりうれしいです。釣具メーカーが販売しているものはやっぱり高いです。ボクなんかは、数年も昔に買ったものを使っていますので、有給休暇を消化している気分です(笑)。

おわりに

連日ボクはこのジカリグで釣りまくっているので、皆さんも是非お試しください。

2018.05追記:
最近はこんなカサゴたちを釣っています。

大潮の潮回りの良い時間を狙って尺カサゴ! | 釣りラボ
バグアンツチヌ職人で久しぶりにチヌを釣りました | 釣りラボ

でも買ってみるのもいいと思います。安定した使い心地でしょうね。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)